NTT DATA

Touch the future

Industry:

Information technology

Office:

Aarhus, Tokyo

Services:

Digital Design

未来に触れることができる最高の体験を生み出すために、DesignitとNTTデータはタッグを組みました。その結果、INFORIUMにおける未来のビジョンを展示する空間、そして来場者を魅きつけるとともに視野を拡げるための映像を創り出しました。

 

世界5番目の規模を誇るITサービス企業であるNTTデータは、最新の技術を用いたソリューションを示すことだけではなく、そのソリューションが未来の生活でどのような役割を果たすのかを分かりやすく伝えることに常に関心を持っていました。実際に2013年に、最初の取り組みとしてDesignitとNTTデータは協力して、ビックデータがどのようにスマートシティの実現に寄与するのかを映像を用いて可視化しています。

そして今回私たちは再び協力し、イノベーションセンターであるINFORIUMの改善に取り組みました。その結果、来場者にインスピレーションを与え、未来の社会や技術に関する議論を促す場所が新たに生まれたのです。

touch-the-future%ef%bc%91

INFORIUMにおける体験に命を吹き込む

 
プロジェクトのチームに求められたもの、それは INFORIUMが将来のテクノロジーを展示しながらも、NTTデータのその他の事業領域とのシームレスな繋がりを保ち、自然な流れを生み出す包括的な体験を設計することでした。

そこで、Designitのプロジェクトチームは未来のビジョンを映し出す映像、そしてその映像を活かすための空間やタッチテーブルなどのデバイス、インターフェイスをデザインしました。全ての要素は未来的なINFORIUMに馴染むようにデザインされています。例えば、タッチテーブルは55インチのタッチスクリーンとピッタリ合うように作られ、コンテンツとシンプルな美しさ両方の点において空間に合うような工夫が施されています。

touch-the-future%ef%bc%92

スマートな未来に焦点を

 
制作された8つの映像は、NTTデータによって開発される最先端技術を用いたソリューションや 、その技術が形作るスマートで健康的な未来の生活を視覚的に理解できるようデザインされています。それぞれのシナリオは技術ではなくユーザー個人に焦点を当てており、ソリューションがどのようにユーザーに貢献し、価値あるライフスタイルへと導いていくのかを表現しています。

この映像の重要な点は 仕事と生活、家族、健康、そして娯楽などのバランスの大切さであり、その根底には国籍やジェンダーを問わず全ての人に適した体験を作り出すことのへの強い思いがあります。
 

世界を跨ぐチーム作り

 
これらのコンセプトを形にするために必要だったのは、ブランド、エクスペリエンス、プロダクト、インタラクション、インテリア、モーショングラフィック、そしてフィルムプロダクションなど様々な分野の専門的なデザイナーでした。そこでDesignit デンマークのデザイナーが映像、グラフィック、そしてコンテンツの制作を担当し、東京のメンバーがインターフェイス、アーキテクチャ、そしてインテリアデザインを担当する国際的なチームを作り上げることで、INFORIUMでの体験を作り上げました。

また時差や言語の壁を超え、NTTデータと行なった共創やワークショップも、それぞれのコンテンツを円滑に制作していく上で非常に重要でした。人々がINFORIUMを認知し、関心を向け、そして訪問することを目的とし、国際的なビジネス雑誌においてもキャンペーンも行なっています。

touch-the-future%ef%bc%95 touch-the-future%ef%bc%96 touch-the-future%ef%bc%97

実際にオープンをして以来、INFORIUMはクライアント・訪問者を問わず素晴らしい評価を獲得し続けています。テクノロジーが重要な役割を果たす未来において、NTTデータのソリューションが人々の生活にどのように貢献していくのか。 これを見て、触れることのできる体験をNTTデータのステークホルダーに提供することに新たなINFORIUMは成功したのです。

Other cases

Audi

未来のショールーム体験

Vodafone

店舗のユーザー・エクスペリエンス向上