Audi

未来のショールーム体験

Industry:

Automotive, Retail

Office:

Copenhagen, Munich

Services:

Architecture, Service design, UX Design

AudiとDesignitが未来を体感できるデジタル・ショールームAudi Cityにあなたを誘います。

 

showroom-of-the-future1

最先端のデジタル技術が、これまでにないショールーム体験を生み出しました。これまでにないブランドに触れることができる都心にあるAudi Cityなら、1つのショールームにいながら、デジタル化された何億ものAudiの車へと簡単にアクセスすることができます。また直感的な操作によってスクリーン上で理想の車を組み立て、それを壁のスクリーンへと「スワイプ」するだけで、 完成したイメージを360度全ての角度から眺めることもできます。

またデジタル技術によって、車のパーツ1つ1つをこれまでにないほど詳細に確認することも可能になりました。もちろん実際のサンプルも用意されているため、ボディの色や内装の素材などを、実際に見て触りながら確かめることができます。

そして忘れてはならないのが、最初に電話を受ける時から注文して車を組み立てる時まで、同じAudiのエキスパートが対応をするということ。これが、一貫した顧客体験とAudiの車のユーザーとなる第一歩を生み出しているのです。

人々がますます重要視しているもの、それはブランドに対する「直接的」で「一人称」な信頼です。プロダクトやユーザーが得ることのできる情報量が増えている現在、この傾向がより顕著になっています。

Audi AG/マーケティング&セールス担当役員 Peter Schwarzenbauer

このようにサービス、プロダクト、そして空間デザインをシームレスに結びつけることで、DesignitとAudiは、これまでになかった自動車販売の姿を作り、顧客とブランドとの究極の関係を築き上げたのです。これまでのショールームから、デジタル世代の顧客の自動車販売の領域を超えるようなニーズに合わせ一新されました。この活気に満ちた都心で。

このショールームはまた、イベントやミーティングのなど様々なニーズに合わせ姿を変えることができるように設計されています。このようにして、都心に溶け込む次世代のショールームが完成したのでした。

showroom-of-the-future4

Audi Cityは二つのものを結びつけました。 −デジタルを活用したプロダクトの展示と、ディーラーとの人的なつながり。この新たなリテールの形が、物理的な距離はもちろんのこと、高い質の関係性という面において、より顧客に近づくことができました。

Audi AG/マーケティング&セールス 担当役員Peter Schwarzenbauer

showroom-of-the-future5

Other cases

NTT DATA

Touch the future

Jyske Bank

まったく新しいバンキング・エクスペリエンス