9 July 2015

戦略的デザインプロセスの紹介

テクノロジーは、人々の生活を劇的に変え、日々新しい常識を作り出しています。より速く、より簡単に、より安く、そしてより利用しやすく。人々は日常生活における便利さを当たり前と感じるようになっています。このように急速に肥大化する人々の期待が、これまでのビジネスを苦境に追いやってしまうような事態が数多く起こっています。今後も、交通、サービス、エンターテイメント、そしてクルマや家、エネルギーに至るまで、あらゆる産業における既成概念が通用しなくなることが予想されます。

このようなスピードで変化する時代に対応するためには、企業は従来のルールにとらわれず、本当に大切なことに焦点を当てる必要があります。

それは、人々の生活を向上させるユーザー体験を創り出すことです。

Designitは、企業のみなさまが、これまでにないユーザー体験を創造し、新しいビジネスを生み出すためのサポートをします。設立から20年以上、私たちは、現状に潜んでいるさまざまな課題を明らかにし、そのなかからビジネス機会を発見することができる戦略的デザインプロセスを作り上げてきました。そのプロセスは、チャンスを見出す源泉となる「先鋭的インサイト」から、人間中心設計を重視した「ソリューションの実装」まで、5つの段階的アプローチで構成されています。

 

1/ 先鋭的インサイト

introducing-the-strategic-design-process1

未来を創る作業は、今を正しく把握するための「先鋭的インサイト」フェーズから始まります。ここでは、まず現状にフォーカスし、人間的視点、技術的視点、ビジネス的視点などさまざまな角度から観察します。私たちは人々がどのように製品やサービスと関わり、その要望や期待がどのようなものであるかを見極めるために、人々の目線に立ってリサーチを行います。ここで得られた発見を、わかりやすく整理してビジュアル化することで、改善の余地があるポイントを直観的に把握できるようにします。これに業界や技術のトレンド分析結果などを加えることで、将来のあるべき姿を導き出すための素材が出揃います。

成果物:ユーザーリサーチ、競合分析、トレンド分析、テクノロジー予測、エクスペリエンス・マップ、メイン・インサイト

 

2/ フューチャー・ビジョン

introducing-the-strategic-design-process2

次に「フューチャー・ビジョン」のフェーズで、インサイトの分析から導き出される最終的なソリューションが、世の中に何をもたらすのか、大きな目標設定をする作業を行います。私たちは、目的を持たないイノベーションは存在しないと考えているからです。 「近い将来、御社が人々にどのようなイメージを持たれているか?」「社会の中で、あるいは人々の生活の中で、御社がどのような役割を果たしているか?」そのような明確なビジョンは、具体的なデザインを行う上で、大切な拠り所となります。未来像のアイデア出しや、それを導き出すための戦略的スタディのセッションを繰り返すことで、最終的に御社が自信を持って思い描くことができるゴールを導き出します。

成果物:課題設定、エクスペリエンス・コンセプト、ビジョンの定義、アイディエーション・ワークショップ

 

3/ エクスペリエンス・ロードマップ

introducing-the-strategic-design-process3

次に、未来の生活におけるユーザー体験の始まりから終わりまで全てについて、最も理想的なカスタマージャーニーを定義します。そして、その理想的な姿を実現するために、まずどのステップから着手すべきかの、優先順位を決定します。この「エクスペリエンス・ロードマップ」では、チャレンジングかつ包括的でありながら、実行可能なプランをつくり、イノベーションに導く道筋を明らかにします。

成果物:カスタマージャーニー、プロジェクト・ロードマップ、ビジネス戦略

 

4/ エクスペリエンス・デザイン

introducing-the-strategic-design-process4

「エクスペリエンス・デザイン」は、カスタマージャーニーを、より実感の沸く具体的な形にしていく作業です。最終的に実装するソリューションによって、これまでにない使いやすさ、楽しさを提供できることを目指します。ユーザーの目線を第一に考え、プロトタイプ、ユーザーテスト、評価を繰り返し行いながら、ユーザー体験をよりよいものにしていきます。

成果物:プロトタイプ、ユーザーテスト、ユーザー評価

 

5/ ソリューションの実装

たとえ素晴らしいアイデアであったとしても、最適な仕様で実装できないと、想定した効果は失われてしまいます。ただし現実的には、この段階で優先度の変更を余儀なくされたり、短期的な結果が求められたり、技術的な制約が発生したり、コンセンサスが得られなかったりと、様々な阻害要因が存在します。このような要因によって、描いたビジョンを実現するには困難を伴うこともあります。こうした場合においても、私たちはユーザーの目線を常に中心に据えながら、最良の結果を求めるための柔軟な対応方法をご提案します。Designitは、御社および御社のパートナーと共に、商品やサービスが実際にユーザーに届けられるまでをサポートします。

成果物:デザインプログラム、ソリューション仕様書

 

Designitは、テクノロジーを用いて人々にとって価値ある体験を創造します。私たちは、その戦略的デザインプロセスを用いて、人間中心視点とビジネス視点を両立させることで、企業の成長と同時に人々の生活を向上させるようなイノベーションを生み出すことを目指します。

Related Stories

Process
4 September 2017

コラボレーションをデザインする

Service Design
21 May 2015

サービスデザインにおける5つの鉄則

Process
27 July 2015

なぜ企業はユーザーを巻き込むべきなのか?